ホーム事業承継

事業承継

事業承継の種類

事業承継は、企業の経営状況により変わります。

1. 経営が順調な企業

※ 後継者が決まっていなくても、後継者を見つけるのは容易です。
  企業の売却(M&A)も、行うことができます。

2. 借入金が多く、業績が低迷している企業

※ このまま後継者が企業を引き継ぐことは、避けるべきです。
  利益を向上させ、資金を安定化させ、企業の存続・発展の見通しをつける必要があります。

左近経営事務所は、借入金が多く業績が低迷している企業の事業承継を、
企業再生のノウハウ銀行員のノウハウでサポートしています。


借入金が多く、業績が低迷している企業の事業承継

左近経営事務所がサポートする事業承継は、段階的に進めます。
社長が、安心して事業を、後継者に継がせられるようにします。

1. 利益の向上を行います
※ 副社長として企業再生したノウハウを使い、利益の増加を図ります。
  
2. 借入金の適正化を行います
※ 銀行員の実戦的なノウハウを使い、金融機関に依頼して、
  借入金を返済可能なように長期化します。
※ 必要な資金は、いつでも借入ができるようにします。

3. 後継者の保証人の負担を軽くします
※ 金融機関に依頼して、借入金の保証を最低限にします。

以上により、後継者が事業を引継ぎやすくなります。
特に子息に事業を継がせる時は、子息の将来を考え、安心して事業を継がせるようにしましょう。

追い込まれてから、事業承継に取り組むと、適正な事業承継ができなくなります。
業績の悪化が進む前に、ご相談下さい。


お問い合わせ