ホーム利益向上

利益向上

利益の向上とは

新型コロナによる不況の深刻化により、利益が低迷している企業が増えています。

利益の低迷が続くと、会社の存続・発展ができなくなります。

利益が向上しないと

1. 金融機関の融資姿勢が厳しくなり、借入ができなくなります。
2. 赤字になると、社外に資金が流出して、手持ちの資金が減少していきます。

3. そして資金不足に陥り、企業の存続ができなくなります。

利益の低迷は、社長の責任です。
  会社の存続のために、早急な利益の向上が必要です。

実戦的なノウハウでサポートします

1. 副社長として企業再生したノウハウで、多くの企業の利益の向上をサポートしました。
   実戦的なノウハウで、利益の向上をサポートします。

2. 利益の向上は以下の2点です。

(1)会計学的な視点

① 売上高のアップ ↗  売上高をアップさせます  

② 限界利益率のアップ ↗ 限界利益率をアップさせます

③ 固定費の削減 ↘ 固定費を削減します

(2)経営施策的な視点

① 数量のアップ ↗ 製品の数量をアップさせます

② 単価のアップ ↗ 製品の単価をアップさせます

 変動費の削減 ↘ 原材料・外注費等を削減します

④ 固定費の削減 ↘ 固定費を削減します

上記を組み合わせて、利益の向上を図ります。
実際の利益向上策は、①競合先 ②顧客・取引先 ③自社の状況に応じて、
実行可能で効果のある施策を、組み合わせて行います。


3. 利益の向上には、利益向上の現場での経験がある専門家のサポートを受けるのが一番です。

(1)現実の企業活動は複雑で、経営現場の経験がないと机上の空論に陥り、
   利益の向上ができません。

(2)人件費等の固定費の削減を中心とした利益の向上策は、短期的には利益は増加しますが、
   長期的には会社の存続・発展を危うくします。
   利益の向上策は、実戦的なノウハウに基づいたものが必要です。

(3)左近経営事務所は、経営現場での経験と実績があり、多くの企業の利益向上を
   サポートしています。


お問い合わせ