ホーム資金繰りの支援

資金繰りの支援

資金繰りの支援とは

資金繰りの支援とは、
社長が資金に悩むことなく、会社の経営に邁進できるように支援することです。
 


新型コロナによる不況の深刻化により、金融機関の融資姿勢は厳しくなっており、
早急な資金繰りの安定が必要です。


1. 資金繰りが安定しないと

(1)資金不足になり、会社が行き詰まります。
(2)社長が資金のことばかり考え、経営がおろそかになり、業績が低迷します。

2. 資金繰りが安定していると

(1)会社は資金が安定している限り、永遠に続きます。
(2)社長が経営に邁進でき、業績が向上します。


銀行員の実戦的なノウハウで、サポートします

福井銀行に勤務し、鯖江支店長・福井中央支店長等を務めた経験から、
資金繰りに悩んでいる多くの社長がいました。

その原因として、

1. 会社が資金を多く使う体質にあることを理解しておらず、
      社長が改善の方法を知らないことです。
  会社の体質を変えることにより、多くの資金の余裕が生まれます。

2. 社長が金融機関との取引を、うまくできないことです。
   社長が金融機関を知らず、金融機関が社長の会社を決算書でしか知らないため、
       良好な取引ができないのです。
   会社の現状・将来を定性・数値で説明して、会社を知ってもらうことが必要になります。

※ ① 会社の資金体質を改善し、② 金融機関との良好な取引を行い、
    資金繰りの安定をサポートします。


お問い合わせ