ホーム資金繰り改善コンサルティング

資金繰り改善コンサルティング

資金繰り改善コンサルティングとは

金融機関の信頼を得て、長期的に資金繰りが安定化し、会社が発展することをサポートします。

新型コロナによる不況の深刻化により、金融機関の融資姿勢は厳しくなっており、
早急に金融機関の信頼を得て長期的な資金繰りの安定を図ることが必要です。


1. 資金繰りが安定しないと

(1)資金不足になり、会社が行き詰まります。
(2)社長が資金のことばかり考え、経営がおろそかになり、業績が低迷します。

2. 資金繰りが安定していると

(1)会社は資金が安定している限り、永遠に続きます。
(2)社長が経営に邁進でき、業績が向上します。


銀行員の実戦ノウハウで、資金繰りの改善をサポートします

福井銀行に勤務し、鯖江支店長・福井中央支店長等を務めた経験から、
資金繰りに悩んでいる多くの社長がいました。

その原因として、

1. 会社が資金を多く使う体質にあることを理解しておらず、改善の方法を知らないことです。
  会社の体質を変えることにより、多くの資金の余裕が生まれます。

2. 会社が金融機関との取引を、うまくできないことです。
   会社が金融機関を知らず、金融機関が会社を決算書でしか知らないため、良好な取引ができないのです。
   金融機関に会社の現状・将来を定性・数値で説明して、会社を知ってもらうことが必要になります。
   これにより、金融機関からの円滑な資金調達が可能になります。
                ↓
中国の三国志で有名な孫氏の兵法に、
① 敵を知り ② 己を知り ③ 戦場を知る者は、百戦危うからずとあります。
金融機関と良好な取引を行うには、
① 金融機関の考え方を知り ② 自社の状況を適正に説明でき ③ 現在の金融環境を知っている、ことが必要になります。

当事務所は、銀行員のノウハウと豊富な経験で、
① 会社の資金体質を改善し、② 金融機関と良好な取引を行い、資金繰りの改善をサポートします。
  

経営改善計画の策定

※ 現在は新型コロナの影響により、金融機関の融資姿勢が厳しくなっています。
     
業績が悪化し資金繰りの厳しい企業に、金融機関が経営改善計画の提出を求める事例が増加しています。
  経営改善計画を策定し、金融機関の信頼を確保して、長期的な資金繰りの安定を図る必要があります。

※ 経営改善計画とは、業績が悪化し資金繰りの厳しい企業が、業績の向上と資金繰りの安定を目指して策定するものであり、
  定性面と数値面の両面から計画するものです。


※ 当事務所では、独自に金融機関が求める経営改善計画シートを策定しており
  
多くの企業で金融機関に提出し好評を得ています。


お問い合わせ