ホーム経営参謀

経営参謀

経営参謀の必要性

※ 会社を取巻く環境は大きく変化しており、現在は会社経営の転換期にあります。

業績を向上させるには、激しい環境の変化に対応して、会社の体制を変える必要があります。
会社の発展は、会社を変えるという社長の経営判断にかかっています。
しかし私の副社長としての経験では、会社を変えるのは、大きな信念と勇気が必要でした。
社長1人では会社を変える判断・実行には不安があったため、副社長に赴任して社長を支え、
経営改革を推進して会社の業績を向上させることができました。

※ 信念と勇気を持って会社を変えるには、アドバイスを行う経営参謀が必要です。

大企業が優れているのは、経営参謀として社長にアドバイスする経営企画部門があるからです。
経営企画部門のない会社は、経営参謀を置くことによりアドバイスを得られ、
会社の長期的な発展が実現します。




経営参謀はお任せください

※ 中小企業診断士としての経営知識だけでなく、会社経営の実戦的な経験があります。

福井銀行の支店長として、多くの取引先の社長に様々な経営問題のアドバイスを行いました。
また福井銀行を退職後は、2社の副社長に就任し、経営参謀として経営者を支えて会社の長期的な発展につなげました。


※ 経営者の抱える諸問題にアドバイスを行い、経営者の判断に必要な情報を提供し、
  経営参謀として貴社の発展をサポートします。

お問い合わせ